6月の本

毎月読んだ本をupさせるの事が読書記録となっているので、遅れても記録としてupしたいと思ってます。(自分へのノルマでしょうか・・)

今月は半年の中で一番心に響いた本がありました。
映画で公開されてる「愛を読むひと」の原作「朗読者」です。
f0126363_21494878.jpg


新作シネマの欄を観て興味があるあらすじだったので原作を読みました。
是非本を読んでほしいのであらすじは載せませんが、一人の女性のために朗読という形で愛をささげた男性の物語です。

その愛も、恋愛の愛から・憎愛・慈悲といろいろと愛の形を変えて一人の女性を愛し続ける男性。
愛される女性は、秘密を守るために人生を捨ててしまいます。
その秘密は、他の人にとっては大きなことではないのでしょうが彼女にとっては人生を捨ててまでも知られたくないことでした。
最初はそんなに恥じる秘密ではないのに・・・と思いましたが、他の人には大事ではなくても知られたくないことは私自身にもあり理解できました。(私の秘密は単純で人生を捨てるほどではありませんが・・・)

そして最後はあまりに残酷で悲しく涙がとまりませんでした。

映画では主演のハンナ役に(ケイト・ウィンスレット)が演じてるので映画でも観たいのですが、号泣するのがわかっているので、私の気持ちがこの本から離れるまで観ないことにしておきます。

他に読んだ本は・・・



f0126363_21492257.jpg
[PR]
by kanayua | 2009-06-28 21:51 | BOOK | Comments(2)
Commented by もか at 2009-06-30 21:36 x
こんばんは☆
本のお好きなkanayuさんセレクト、毎月楽しみにしています。
「愛を読む人」の映画、来週観に行くつもりです♪
でもどんな名画も原作にはかなわないですね。私も本も読んでみようかしら?
Commented by kanayua at 2009-07-01 13:19
☆もかさん☆

「愛を読むひと」を観にいくのですね~。
絶対映画館で観たい映画だけれど、まだまだ観る勇気がないので今回は見送ります。

一世を風びした「タイタニック」を観てないので(珍しいでしょう?)わからないけれど、主演のケイト・ウィンスレットは、素敵な女優さんになりましたね!

映画を楽しんできてくださいね♪
<< パフスリーブワンピース たくさんの大好きバネポーチ☆ >>